スポンサードリンク

2015年01月25日

サンダーバード巨大鳥のUMA・古代生物の亜種?

san.png
今回ご紹介するUMAはサンダーバードです。
こちらのUMAについてお伝えしていきます。
データ

個体名称・・・サンダーバード

目撃地・・・アメリカ北西部

発見時期・・・1860年頃

体長・・・体長4m以上

サンダーバードは北アメリカで、
目撃されたと言う未知のUMAです。

この地域での先住民の間では伝説の鳥、
として昔から語られており。

稲妻を起こす巨大な鳥として、
恐れられています。

伝承されているサンダーバードの、
姿は古代生物プテラノドンに似ており。

体格横幅は翼もあわせて、
目撃例から8mほどと言われています。

目撃証言

・その姿はアルゲンタヴィス(コンドル系)の亜種、
 ではないかと言われている

・1860年代にアリゾナ州トゥームストーンで、
 サンダーバードと見られる生物が捕獲され。

 写真では大人8人分ほどの横幅がある。

・1977年アメリカに位置するイリノイ州で、
 自宅裏庭で遊んでいた3人の子供のうち、

 1人が突然舞い降りた巨大な鳥に肩を掴まれ、
 連れ去られそうになるという誘拐未遂事件が起こった。

 母親の悲鳴に驚いたその巨鳥は掴んでいた子供を放し、
 飛び去って逃げていった。

 その目撃例からサンダーバードではないかと言われている。
(下に続きます)
スポンサードリンク





d.png
(1860年に捕獲されたサンダーバード)

1977年に起こった子供誘拐未遂事件は、
当時地元でも話題になり。

この巨大な未知の鳥との遭遇に、
人々は恐怖を抱きました。

ojop.png
(アルゲンタヴィスの模型)

専門家の意見では白亜紀に棲息していた、
翼竜プテラノドンではないかとも言われていますが。

先に挙げたアルゲンタヴィスではないかとも、
言われていますし。

もしこのサンダーバードが存在するならば、
地球に棲息する鳥類の中では。

鳥類最大のダチョウ(約2、5m)も軽く凌ぎます。

プテラノドン属に属するステルンベルギは、
翼を広げた時に8m以上の体格の大きさになり。

この大きさにサンダーバードも近いようです。

稲妻を呼ぶというのはいささか言い過ぎのような、
気もしますが興味深い巨大鳥です。
posted by 博士 at 21:50| Comment(0) | 空で発見されたUMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。